明確な理由がない場合の赤ちゃんの夜泣き対処法

  • 赤ちゃんが泣くということ

    • 月齢の低い赤ちゃんは言葉も話せませんし、自分で食べる事や服を着る事等身の回りの事は人にしてもらわなくてはなりません。
      そこで赤ちゃんは泣く事により周りの人を呼びます。

      日本経済新聞が最近こちらで話題になりました。

      言葉をしゃべれないので何がしてほしいのかと戸惑いますが、まずは抱っこをして様子をみます。

      それでも泣き止まない場合は物や音を使ってあやします。

      更に泣いている時はミルクが欲しい場合があります。
      また体の何処かが痛い場合がありますので、熱がないかなど体をチャックする事が大切です。
      毎日の生活リズムを整えて行くと、だんだんとその赤ちゃんがどんな時に泣くのかや、泣くタイミングはいつなのかがつかめてきます。

      泣いている赤ちゃんは座って抱っこをして泣く場合、立って抱っこをしてみます。


      それでもだめな時は抱っこしたまま歩き回ります。
      外気に触れてみる等気分を変えてあげる事でも泣き止む場合があります。



      歌を歌ってあげたり、音楽を聞かせたりするのも効果があります。

      眠くなった時にも泣く場合があるので、部屋の電気を消し、暗くして眠りにつきやすくしてあげます。

      寝ている赤ちゃんを布団に寝かせようとすると、起きて泣いてしまいますが、根気強く抱っこをする事で寝てくれますし、添い乳をしたりして母乳をあげるとそのまま寝てくれる場合があります。抱っこやおんぶをしてあげると安心して泣き止む事があります。

      基本も充実した赤ちゃんをだっこを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

      月齢が上がるにつれてだんだん顔の表情も豊かになり笑顔も沢山増えるので、おおらかな気持ちで育児をしていく事が大事です。

  • 関連リンク

    • 赤ちゃんは泣くのが仕事と言われるくらいですから、少々の鳴き声は我慢しなくてはなりませんが、あまりにひどいと、こちらがへこたれてしまいます。もちろん、泣くということは、何かの理由があるので、その原因さえ分かれば対処の仕方がありますが、ミルクを飲ませても、おむつを替えても抱っこしても泣き止まないときには、病気じゃないかと思い、不安になってしまいます。...

    • 月齢の低い赤ちゃんは言葉も話せませんし、自分で食べる事や服を着る事等身の回りの事は人にしてもらわなくてはなりません。そこで赤ちゃんは泣く事により周りの人を呼びます。...