明確な理由がない場合の赤ちゃんの夜泣き対処法

  • 赤ちゃんの夜泣きはいずれおちつく

    • はじめての妊娠と出産ということで、新米ママさんはいろいろと悩みが多いことも多いです。


      妊娠をしたときはうれしくても、つぎつぎと身体におこる変化にとまどうこともあります。

      なんといっても出産にはかなりの痛みを伴いますし、産んだ瞬間から母親としての仕事がまったく休みなく始まりますから、精神的にも肉体的にも疲弊してしまうのは、当然のことです。

      ガジェット通信の情報をお知らせします。

      その中でも母親を悩ませるのが。赤ちゃんの夜泣きです。


      やっとおっぱいやミルクをあげて眠ったと思ったら夜中とか明け方の2時3時に夜泣きで起こされてしまうのは、母親にとっては本当につらいことです。

      赤ちゃんが吐くサイトを見つけることができました。

      とりあえず抱き上げてミルクをあげてもおっぱいを上げて少し落ち着いても、すぐに泣いてしまったり何度も起こされることで、母親の睡眠時間がどんどん削られてしまうからです。



      それも初めての子育てのときは、目の前の赤ちゃんだけに集中できますが、二人目や3人目ともなると、ほかの子供や家族のこともやらなければならないので、くたくたになってしまいます。

      ですが、赤ちゃんの夜泣きというのは、いつまでも続くものではありません。

      乳児は時間のリズムが整っていないので、夜中になくことがありますが、そのリズムができていけばやがておちついて朝まで寝るようになるのです。
      母親もいつか治まるのだと思っておくのが大切です。

      はじめての子育ては必要以上に神経質になりますが、家族や周りの人の支えて乗り切っていくことができます。

  • 関連リンク

    • 赤ちゃんは泣くのが仕事と言われるくらいですから、少々の鳴き声は我慢しなくてはなりませんが、あまりにひどいと、こちらがへこたれてしまいます。もちろん、泣くということは、何かの理由があるので、その原因さえ分かれば対処の仕方がありますが、ミルクを飲ませても、おむつを替えても抱っこしても泣き止まないときには、病気じゃないかと思い、不安になってしまいます。...

    • 月齢の低い赤ちゃんは言葉も話せませんし、自分で食べる事や服を着る事等身の回りの事は人にしてもらわなくてはなりません。そこで赤ちゃんは泣く事により周りの人を呼びます。...