明確な理由がない場合の赤ちゃんの夜泣き対処法

  • 赤ちゃんが夕方になると泣く、夕暮れ泣きについて

    • 赤ちゃんは泣くのが仕事と言われるくらいですから、少々の鳴き声は我慢しなくてはなりませんが、あまりにひどいと、こちらがへこたれてしまいます。


      もちろん、泣くということは、何かの理由があるので、その原因さえ分かれば対処の仕方がありますが、ミルクを飲ませても、おむつを替えても抱っこしても泣き止まないときには、病気じゃないかと思い、不安になってしまいます。


      こうした、原因がわからないまま泣くことについて、興味深い研究結果がありましたので紹介します。

      生後3〜6週間から4ヵ月くらいの時期において、夕方になると泣き出すことをコリックと言い、別名、「たそがれ泣き」とか「夕暮れ泣き」とも言われるそうです。

      その原因について、ハッキリとした研究結果は出ていないのですが、一説には胃の不調ではないかと言われています。



      お腹にガスが溜まっていたり消化不良が原因ではないかと言われています。

      魅力の高い赤ちゃんが置いたら泣く情報を簡単に請求できます。

      さて、コリックの対処法ですが、残念ながら特効薬はありません。

      ただし、赤ちゃんは少なくとも何か不快な想いをしているので、コリックの症状が出たと思ったら、なるべく気をまぎらわせてあげることが有効です。

      毎日新聞についての情報です。

      例えば、抱っこをしたり、別の部屋に移動したり、最近ではアプリも出ていますので、試しに使ってみるのもいいかもしれません。
      とにかく、赤ちゃんが泣くことに集中できなくなるように、様々な手段で気を紛らわせることが重要なのです。
      ただし、いくら赤ちゃんの泣き声が凄いからといって、叱ったりすると逆効果です。

  • 関連リンク

    • 赤ちゃんは泣くのが仕事と言われるくらいですから、少々の鳴き声は我慢しなくてはなりませんが、あまりにひどいと、こちらがへこたれてしまいます。もちろん、泣くということは、何かの理由があるので、その原因さえ分かれば対処の仕方がありますが、ミルクを飲ませても、おむつを替えても抱っこしても泣き止まないときには、病気じゃないかと思い、不安になってしまいます。...

    • 月齢の低い赤ちゃんは言葉も話せませんし、自分で食べる事や服を着る事等身の回りの事は人にしてもらわなくてはなりません。そこで赤ちゃんは泣く事により周りの人を呼びます。...