明確な理由がない場合の赤ちゃんの夜泣き対処法

  • 赤ちゃんの夜泣きの原因と対策

    • 赤ちゃんの夜泣きが続いてしまうと、お母さんもお父さんも夜しっかり眠ることができにくくなって疲れ果ててしまうことがあります。

      毎日新聞に今、注目が集まっています。

      いつまで赤ちゃんの夜泣きが続くのかわからないので、泣き出してしまうと疲れも倍増してしまったり、この先いつまで続くかわからないことに不安を抱いてしまうこともあります。

      幼児教室の情報を手に入れてみませんか?

      赤ちゃんの夜泣きの始まりには個人差があるため新生児の頃からという子もいれば、5か月、6か月になってからという子もいます。

      始まりもばらつきがあるように、夜泣きが治まるのにも個人差があり1か月程度の子もいれば2歳まで続いたという子もいます。なぜ赤ちゃんは夜泣きをするのかと言うと、言葉を発することができないため何かを伝えたくて泣いてしうのが原因です。
      生まれて間もない時期などは一度にたくさんの量のお乳をとることができません。


      そのため短時間のサイクルでおなかがすいてしまうため、おなかがすいて泣いていることも多いです。

      授乳間隔を把握してぐずり出したらすぐに授乳できるようにしてあげると良いでしょう。
      またオムツが汚れていたり、暑すぎたり寒すぎたりということでも泣いてしまいます。


      オムツがすぐに交換できるように準備して置いたりお布団や服などの調整をしてあげるようにしましょう。

      また何か不安を感じたりして泣くこともあります。



      抱っこしてあげたり頭をなでてあげるなどスキンシップをとることで安心して眠りにつきやすくなります。

      個人差はあっても赤ちゃんが成長するにつれて睡眠サイクルが整ってくるので徐々に治まってくるので、いつまで続くのかという不安を抱くことはありません。


      なぜ泣いているのかを理解しながら対処してあげるのと良いでしょう。

  • 関連リンク

    • 赤ちゃんは泣くのが仕事と言われるくらいですから、少々の鳴き声は我慢しなくてはなりませんが、あまりにひどいと、こちらがへこたれてしまいます。もちろん、泣くということは、何かの理由があるので、その原因さえ分かれば対処の仕方がありますが、ミルクを飲ませても、おむつを替えても抱っこしても泣き止まないときには、病気じゃないかと思い、不安になってしまいます。...

    • 月齢の低い赤ちゃんは言葉も話せませんし、自分で食べる事や服を着る事等身の回りの事は人にしてもらわなくてはなりません。そこで赤ちゃんは泣く事により周りの人を呼びます。...