植毛手術で考えられる二つの手段を知っておこう

植毛手術で考えられる二つの手段を知っておこう

一般的に施設で利用することが可能な植毛と呼ばれる手段には2つの手段が存在します。


一つは、人工的な毛髪を利用した人工毛による手術方法です。

ポリエステルやナイロンを利用することによって人工的に毛髪を作り、それを頭皮に直接的に移植していく方法です。昔は、髪の毛の植毛といえばほとんどがこの方法を採用されていました。

知って得する植毛に関して最新情報を教えます。

しかし、近年ではこうした人工的な毛髪による方法が禁止され始めています。



禁止され始めている理由としては、人間の頭皮に対して悪影響を与える確率が高いことがわかったからです。

Infoseek ニュースに関する特集が満載です。

長期的に利用すると、増毛を実現することができるどころか頭皮の環境を劣悪に変えてしまう危険性もあるので近年ではこの方法は殆どの施設で利用されていません。
近年で利用されている方法は、もう一つの縮毛手段である自毛植毛という方法です。

この方法をそのままの意味で、患者の頭皮に存在する髪の毛を触媒として増毛を実現させようとする手段のことを意味します。人工的な髪の毛の場合には頭皮に対して悪影響を与える危険性がありましたが、患者自身の髪の毛に関しては元々その人の髪の毛に存在していたものなのでそれが患者の頭皮に対して悪影響を与えるということはまずありません。

手術をしても患者に対して副作用がないので、効率的に増毛させることができるわけです。


こうした便利な方法が登場してからは、日本だけではなく世界中でこの方法を利用した手術が導入されています。

Copyright (C) 2016 植毛手術で考えられる二つの手段を知っておこう All Rights Reserved.